MUSIC のアーカイブ

URBAN SAX


URBAN SAX LIVE in TOKYO(1991?)
URBAN SAXは、フランスの作曲家ジルベール・アルトマンが主催する、大量のサックスを使うアンサンブル。彼らはワールドツアーをするときは、開催国のミュージシャンを集めて合体し、時には50名を超えるサックス奏者がステージに立つ。その他、ヴィブラフォン、ベース、キーボード他の楽器、そして、やはり数十名に及ぶダンサーが、一斉にパフォーマンスを繰り広げる。東京公演では数百台のテレビモニターがレイアウトされ、全身を防疫服で包んだ100名近い奏者&演者が、ゆっくりと動き回りながら、観客の日常の境界線の欠落を促す暗黒ミニマルサウンドを展開。ラストはステージから大量の泡(アイスマシーンではなく、泡)が吹き出してきて、その泡が客席にまで溢れてきて、その泡と共に演奏者たちも客席になだれ込んでくるという、強烈なトラウマを刻みこむ演出。アシッディー。

広告

wait for me

久しぶりに現場に出向く。調整用のCDを忘れたみたいなので京阪のHMVを物色。
Mobyのニュー・アルバムが売っていたので購入。デヴィッド・リンチのスピーチにインスパイアされたという。「市場での反応をあまり考えずに、自分の愛するものを作ることに集中する」結果、「より静かで、よりメロディック、より悲しげな、パーソナルな仕上がり」になったとのこと。
実際もの哀しく(かなり絶望的な歌詞)、ポストロックっぽくアンビエントな雰囲気が素晴らしいです。
セルフリミックスである “Pale Horses (vc1)” が最高ですが、youtubeで見つかりませんでした。 “Pale Horses” は色んな人がリミックスしてます。もう一曲の日本版ボーナストラックは Apparat のリミックス。

mobywaitforme062209
Moby  – wait for me –  2009 

01. division
02. pale horses
03. shot in the back of the head
04. study war
05. walk with me
06. stock radio
07. mistake
08. scream pilots
09. jltf 1
10. jltf
11. a seated night
12. wait for me
13. hope is gone
14. ghost return
15. slow light
16. isolate


Moby – Pale Horses 


Moby – Pale Horses (Gui Boratto Remix)

 

 

 

Put me on the train,send me back to my home
Couldn’t live without you when I treid to roam
Put me by the windows let me see outside
Look at all the places where all my family died,
where all my family died,
where all my family died,where all my family died
Leave me by the churchyard,
leave me on my own
The storm will come and
take me back to my own home
Put me by the window let me see outside
Look at all the places where all my family died, 
where all my family died,
where all my family died,where all my family died
Put me on the train,send me back to my home
Put me on the train,send me back to my home
Put me on the train,send me back to my home
Put me on the train,send me back to my home
Put me on the train,send me back to my home
Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

Couldn’t live without you when I treid to roam

Put me by the windows let me see outside

Look at all the places where all my family died,

where all my family died,

where all my family died,where all my family died

 

Leave me by the churchyard,

leave me on my own

The storm will come and

take me back to my own home

Put me by the window let me see outside

Look at all the places where all my family died, 

where all my family died,

where all my family died,where all my family died

 

Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

Put me on the train,send me back to my home

DAMAGE

先日のNOON 5周年@名村造船所 にてDAMAGEライブを体験。プロモーションで聴くよりももっとハードコアでボディーなレイヴグルーヴ。ロック好き、というよりもパーティー好きが集まってバンドになったような印象。残念ながら足元のフルカラーはライブ前に撤去させられたので、フロアのFIRE FLY×4と、シルエット用にステージ後ろから750wストロボ。フルカラーも設置場所によってはガンガン派手にやって良かったんだなと(他のDJとかもいたので仕方ない)後悔。つーか、もう一台あればね…。なんしか超格好良かったので、もう一度きちんとオペレートしたいです。

DAMAGE
“GOING OUT TONIGHT SO ARE WE” 

THIS YEAR’S BRAND NEW HYPE!!!!
狂気と電気と毒気に犯されたベースシンセが軸となるR指定エッジーエレクトロサウンドに魅惑と疑惑にあふれたスキャンダラスかつセンセーショナルなダブルヴォーカル擁する噂の6ピースバンド。
これまでにTHE LOCUST, SOMEGIRLSなどのUS変態アバンギャルド系から、GOLDIE, FIVE DEEZ, DRE-SKULL, CEEPHAX ACID CREWなどの海外ダンスアクトに、REBEL FAMILIA, METALCHICKS, DJ BAKU, THA BLUE HARBといった国内最前線アーティスト達ともジャンルレスに共演。2008年にはテキサス州オースチンで行われたSXSW 2008に出演し大喝采を浴びたのち、ファッションブランドNUMBER(N)INEによるライブツアー「listen to the silence」に参加。秋にはTHE FAINT ジャパンツアーでフロントアクトを務めるなど大きな話題を呼ぶ。そして2009年4月遂に待望のニューアルバム「COMING SOON」を投下!!!それに伴い、かのマークスチュワート御大のラブコールにより実現したREMIX等も続々リリース予定!!! 

Damage is a six-piece rave punk band, and it started in Osaka on April Fool’s day in 2003. Holding glamorous and suspicious electro sound, they have shared stages with various artists, such as The Faint, The Locust, Goldie, Five Deez, Dre Skull, Kid606 (Tigerbeat 6), and Ceephax Acid Crew (Rephlex). Also, they performed at SXSW in Austin, Texas in 2008. 
Their first demo recorded in 2003 sold limited 1,000 copies at the gigs in the wink of an eye, and it was praised as “The Single Of The Year” on Crossbeat, a major rock magazine in Japan. In 2006, their first album “Signal Newyork” was released and has sold over 3,000 copies. Moreover, in 2007, they released an EP “Mudmix” including Justin Pearson (Three One G / The Locust) remix, Cycheouts Ghost (Romz) remix and so on. 
This year their brandnew album “Coming Soon” is released on April 22! 

http://www.myspace.com/damagestation

Immolate Yourself

先日ELLEN ALLIEN がくれた BPITCH CONTROL のニューリリースCD。 

Immolate Yourself
TELEFON TEL AVIV – Immolate Yourself  

  1. The Birds
  2. Your Mouth
  3. M
  4. Helen of Troy
  5. Mostly Translucent
  6. Stay Away From Being Maybe
  7. I Made A Tree On The Wold
  8. Your Every Idol
  9. You Are The Worst Thing In The World
  10. Immolate Yourself

ニューウェーブなリズムとパッド、か細く途切れそうなメロディー。いかにも BPITCHクルーの好みそうな儚い雰囲気。これも会社でヘビーローテーション中ですが「暗いねん」「なんか悲しくなって凹むわ」など同僚から苦情も。まあ確かに暗いなぁ…。でも僕は根が暗い人間なので、こういう、ATフィールドを破って直接精神に干渉してくるようなアンビエンスにはめっぽう弱い。ヘッドフォンでのリスニングがお薦めです。

Telefon Tel Aviv の悲報は有名な話なので省きますが、言葉や手段は違えども、現在を生きたいという気持ちは誰もが一緒のはず。なんし心にゆとりをもちましょう。ここでも精神の成長が求められています。そして Telefon Tel Aviv の再起を強く希望。


Telefon Tel Aviv-The Birds 
バグったようなベースライン、それに合わせたパッドのレイヤー。強いスネアに勇気を感じるナスシストラック。こういう記憶に残るであろうトラックをリリースするBPITCH CONTROL は流石。何故か、サンシャイン2057 でのカネダが太陽に焼かれるシーンと被りますが、あれは..アンダーワールドだったか? 人は死の瞬間何を見るのでしょうか。

ORBITAL

bital

少し遅れた話ですが、ORBITALが“Big Chill 2009”のために再結成。

「ノスタルジーを現実にするってことじゃないんだ。ちょうどよい時になったように見えるってことさ」フィル・ハートノル

HEAVEN’S DOOR

たまにはCDでも買おう。昼休みに難波タワレコを徘徊。
fa

http://www.beatink.com/br/brc217/index.html
MICHAEL ARIAS (マイケル・アリアス)監督の映画「HEAVEN’S DOOR」のサントラ。前作「鉄コン筋クリート」に続いて今回もPLAIDが音楽を担当してるようで迷わず即買いしました。全体的にキック少なめで、アコースティック感のあるメロディーのアンビエンスを重視した曲が多いです。素晴らしいです。個人的には15曲目の「HOST」、プラッド特有の狂気じみたベースとリズムの合間に流れるパッドの音色に、FSOL「パプアニューギニア」を思い出して溶けました。ただそれぞれの曲が短過ぎるよ… プラッドの長編作聴いてみたいなぁ。。。あとライブも。来日を強く希望。

FREEDOM

RICHIE HAVENS -Freedom-